東急多摩川線・矢口渡の住みやすさは?住人さんが案内する街歩きvol.3:矢口渡~蒲田編

東京の南部にあるディープな街、蒲田は、品川東京駅、また横浜羽田空港へのアクセスの良さが魅力で、下町の風情が残るエリアです。一方、大田区は工業地域としても知られ、一人暮らしするには、治安や住みやすさを気にしている人もいるかもしれませんね。
今回はそんな蒲田のお隣、矢口渡駅周辺の暮らしやすさを調べてきました。ここは、蒲田から東急多摩川線で一駅、また徒歩でも移動可能な距離にありながら、東急線沿線らしい雰囲気の良さ、治安の良さが特徴です。
多摩川へも近く、お散歩やジョギングをしたりをしたりと、休日に友達や家族とゆっくりした時間を過ごせそうです。さらに、カモンアップのシェアハウスがある矢口渡駅北口は、矢口渡、池上、蒲田と、3駅使えてお得!

商店街にある休憩処 やぐちのわたし庵

住人さんに聞いた、矢口渡に暮らす理由

・蒲田まで1駅と近く、品川や横浜、自由が丘にも出やすくて便利

・駅前には商店街やコンビニ、飲食店もあり、小さい駅ながら日常生活には困らない

・多摩川が近くにあり、一人でジョギングや友達や家族とのピクニックに使える

・夏には花火大会もある!

・(カモンアップの矢口渡ハウスは)多摩川沿いからは距離があるので、騒音の問題はなく、すごく静かな住宅街

・蒲田の方は治安が心配でしたが、一駅先でも矢口渡は雰囲気もだいぶ違う

・すごい静かで安全な街!スーパーや病院も揃っていて住みやすい

・蒲田に買い物施設・飲み屋・温泉が充実していて、楽しい。羽根つき餃子やディープなお店の多さ!

餃子の聖地 蒲田

矢口渡のアクセス

矢口渡駅は、東急多摩川線で蒲田の次の駅です。東急多摩川線は蒲田から多摩川駅を結んでおり、蒲田駅からはJR京浜東北線池上線、また多摩川駅からは東急東横線と目黒線に乗り継ぐことができます。
蒲田駅までは電車で2分または徒歩約20分、自由が丘までは電車で14分、品川までは16分、横浜までは29分でいくことができます。また羽田空港までも約30分と、休日に飛行機を見ながらカフェでゆっくり、という楽しみ方もこのエリアならでは。
また、JR蒲田駅だけでなく、北側には池上線の池上駅も近くにあり、3駅使える便利な立地といえます。

矢口渡駅

街の中心 矢口の渡商店街

昔は矢口渡駅の南北に伸びていた安方商店会。現在は、駅北口が安方商店街、南口が矢口の渡商店街と呼ばれています。

安方商店街は短くてこじんまり

北口を出て横断歩道を渡ると商店街の入り口です。入り口にはスーパーのまいばすけっとがあり、その先にはローソンがあるので、仕事帰りの買い物はこちらで済ませます。安方商店街は小さくて静か。

北口駅前のスーパー まいばすけっと

一方南口の矢口の渡商店街は、いろんなお店が並び活気づいています。総菜屋さんや焼き鳥屋さん、居酒屋、八百屋は3軒も!北側のゆったりした住宅街に比べ、南側は下町っぽい、ローカルっぽさを感じる商店街になっています。

矢口渡駅南口のスーパー SEIYU
八百屋さんや焼き鳥屋さんが多い

穏やかな住宅街 矢口渡北口~池上

あまりお店も特徴もない北口、、のように感じるかもしれませんが、実際に住むなら、個人的にはこのエリアが良いと思います。なぜなら、静か、より治安が良く安全、多摩川から距離があり、災害の面から見ても安全度が高い、生活には不便がない、穏やかな雰囲気だから。小さい街なので、スーパーもコンビニも病院もちょっとした日用品店も、歩いていける距離に揃っています。

商店街を抜けたところにある、味のある銭湯 草津湯
おばあちゃんの家喫茶 水木金魚

多摩川大橋から蒲田駅へ歩く

商店街をまっすぐ抜けると多摩川に到着。緊急用船着場もまだあるそう。緊急時に物資を積んだ船が停まる場所であり、”矢口渡”という地名の由来ですね。河川敷ではジョギングやサイクリングをしている人がいたり、子供たちが公園で遊んでいます。大橋を渡って、川の向こう側にはゴルフ練習場があります。

いきなり開ける景色!川の向こうは神奈川
子供の遊具やゲートボール場、サイクリングコースがある河川敷
蒲田方面へ進むと現れるモンスター!
ふかふかで楽しかった タイヤ公園

蒲田駅周辺のディープなお店たち

蒲田駅まで歩いてきました。のんびりした矢口渡とは変わって、お店と人でいっぱいの蒲田駅。商店街も下町らしさを残しています。
蒲田で人気なのは、羽根つき餃子。地元の人に人気のローカル中華屋さんも多く、いろんなお店で餃子とビールを楽しめます。

蒲田駅は終日たくさんの人
地元の人に人気な居酒屋、鳥万
羽根つき餃子の人気店 歓迎本店

また、知る人ぞ知る、銭湯の街としても蒲田は人気なのだそう。こちらの蒲田温泉は特に有名で、昼間からたくさんのお客さんがきていました。

蒲田温泉

まとめ

矢口渡から多摩川を通って、蒲田まで歩いてきました。矢口渡から蒲田までは電車で2分、または徒歩約20分程ですが、賑やかでディープな蒲田の雰囲気の蒲田とは一転、矢口渡は一人暮らしやカップル暮らしも多い、落ち着いた住宅街でした。 特に北口は静かで、矢口渡駅北口から池上駅の辺りは、下町よりも東急線沿線らしい、閑静な暮らしに向いています。多摩川駅で東横線に乗り換えれば、自由が丘や渋谷へも近いため、休日の遊びの幅も広がりそう。特に品川や横浜方面、または羽田空港付近でお仕事をされている方、矢口渡の暮らし、穴場です!

↓カモンアップの矢口渡ハウスは、矢口渡駅北口から徒歩4分の、かわいい一軒家シェアハウスです。民家カフェ”水木金魚“の向かい、閑静な住宅街にあり、穏やかな働く大人のハウスメイトたちが、楽しく過ごしています。詳細はこちらをご覧ください

駅近・個室のシェアハウス