【 シェアハウス 】入居前に気になる間取りについて解説します

こんにちは、カモンアップシェアハウスです。

 

シェアハウスへ入居を検討している方は生活するイメージはできても、どのような間取りがあるのかわからない人が多いのではないでしょうか?

 

この記事では、シェアハウスの間取りについて大切なポイントを解説します。

 

気になるシェアハウスの間取り

確認するポイント①

シェアハウスの間取りで確認したい1つ目のポイントは、個室の広さです。

 

シェアハウスによっては、部屋の広さが異なるケース、ベランダがあるケースがあります。

 

個室は自分のスペースになる場所です。シェアハウスに入居する際は、生活スペースを確保できるだけの個室の広さがあるのか?を確認しましょう。

 

確認するポイント②

シェアハウスの間取りで確認したい2つ目のポイントは、共有スペースの位置です。

 

個室の横にシャワールームやトイレ、リビングがある場合は、時間に関係なく使用するので、騒音が発生することが考えられます。

 

シェアハウスによっては、ハウスルールでシャワールームの使用時間が決められていることもあります。共有部分が近くにない部屋を選ぶことで、快適に生活をすることができます。

 

確認するポイント③

シェアハウスを契約する前に確認したい、3つ目のポイントは、お風呂場が独立しているかどうかです。

 

ユニットバスや洗面台が一緒になっている場合には、朝の準備、トイレ利用時に不便となる可能性もあります。

 

お風呂を使うルールも大切ですが、使い勝手の良い間取りになっているかも合わせて確認したいポイントと言えます。

 

確認するポイント④

シェアハウスの間取りで注目する4つ目のポイントは、リビングの広さです。

 

シェアハウスの住人が集まるスペースがないと、交流をすることができません。せっかくシェアハウスに入居してもメリットを活かすことができないので、住人全員がゆとりを持って過ごせるスペースがあるかを確認しましょう。

 

個室が4人部屋のシェアハウスであれば、リビングの広さは10畳あれば十分です。

 

まとめ

シェアハウスは、間取り図を見ることで物件をイメージすることができます。

 

しかし、契約をする際には、必ず見学することをおすすめします。

 

間取りだけでなく、シェアハウスの雰囲気を知り、自分に合ったシェアハウスを見つけることが大切です。

関連記事

  1. 写真展のお知らせ

  2. AfterコロナでもWithコロナでも、対応可能な入居日フレキシブルプラン!

  3. カモンアップシェアハウスのご飯事情について解説します!(体験談含む)

  4. 【 シェアハウス 】入居前のデメリットを知ることも大切です

  5. シェアハウスでDIYしませんか?@千里山ちさと

  6. 京都に住むならどこが便利?伏見に住んで感じたこと