ひだまり西永福でのシェアハウス暮らしを振り返る

こんにちは、カモンアップ ひだまり西永福ハウスの住人です。

半年にも満たない短い間でしたが、ひだまり西永福でのシェア暮らしを終えることになりました。今回は私のシェアハウス体験、ひだまりでの暮らしを振り返っていこうと思います。

私は10年近くいろいろな形でシェアハウス暮らしを経験してきました。その経験をもとに書いきます。

これまでのシェア暮らし

ひだまりハウス

これまで6軒のシェアハウスに住んできました。振り返ると、どのシェアハウスもかなり個性的で面白い経験でした。最初は大学のために上京したもの、1人暮らしが寂しすぎて、すがるようにシェアハウスに引っ越すことに決めたのです。

人生初の家族以外の人との共同生活でした。人と暮らすということは煩わしいこともありましたが、高い家賃を払って、孤独でつらい1人暮らしよりよっぽどいいものだな、ということがわかりました。

それからずっとほぼシェア暮らしをしてきました。住人同士や、シェアハウスに遊びに来る人などたくさんの出会いがあり、生涯続いていけそうな友人に恵まれました。

その半面、人との間で摩擦が起こることもありました。トラブルが起きたらつらくて、自分の家なのに帰りたくなくなってしまうこともありました。

でも、振り返ってみるとそういう経験も人と共に生きる上で必要で、重要な学びだったのだと感じています。今回のひだまり西永福での生活を少し振り返って見ると、穏やかで静かな生活でした。

住人は、30代の方が多く仕事や自分の活動を持っていて話をしていると知らない世界を知ることができて面白かったです。みなさん自立した大人の方々だったのでトラブルもなく、程よい距離感で暮らすことができました。ガーデニングや料理が好きな住人とは一緒に楽しんだりもしました。いままでで1番平和なシェア暮らしだったのかもしれません。自分を知る、ということには絶対に他者の存在が欠かせません。共に暮らし他者を知ることを通して自己理解も深まりました。

また、シェア暮らしを通して仲間ができたことで生きていける気持ちになりました。実際、その後の人生でシェアハウスできた仲間に何度助けられたことでしょうか。

同居人がお茶を淹れてくれました。

最後に

私のシェアハウス経験を書いてみました。これからの時代は、ますます人と人のつながりや助け合いが大事になっていくのだと思います。

シェアハウスに興味を持っている方々、人とのつながりを求めている方に少しでも何か参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 西永福商店街のお店紹介

  2. 東京・荻窪のシェアハウスでゼロウェイストな生活しませんか?

  3. ひだまり西永福近所の下高井戸駅前市場を紹介します

  4. 東急多摩川線・矢口渡の住みやすさは?住人さんが案内する街歩きvol.3:矢口渡~蒲田編

  5. ひだまり西永福の近所(杉並区立塚山公園、下高井戸おおぞら公園)

  6. ひだまり西永福での様子