憧れの山菜、行者ニンニクについて

こんにちは、カモンアップです。

 

ひだまり西永福近所のお店で、春の山菜が売っていたので買って料理してみました。

 

憧れていた野生ニンニクの話

 

 

買った山菜は行者ニンニクとふきです。特に、行者ニンニクは憧れの山菜だったのです。なぜかと言うとひだまりの同居人でイギリス出身のニールが、「 春になるとイギリスの森で友人と野生ニンニクを摘んで食べていて美味しかった 」という話しをしてくれたことがあったからです。

 

それを聞いて私は衝撃を受けました。フレッシュなニンニクが森で取り放題なんて。そんなに最高なことがあるでしょうか。

しかも無料で。私も「 そんな経験してみたい! 」と強く思ったのです。

 

 

日本の野生ニンニク、行者ニンニク。萎れ気味な行者ニンニク。日本にも野生ニンニクはあるのだろうかと考えていたら、北海道に行者ニンニクというものがあることを思い出しました。

 

是非とも食べてみたいと思っていたら、なんと西永福駅近くの健康食品屋さんサニーマートにて販売されていたのです。北海道まで行かなくても近所で手に入るなんて!と即購入しました。行者ニンニクとふきの食べ方をお店の方に教えていただきました。

 

行者ニンニクは醤油漬けに、ふきはふき味噌にしました。初めて行者ニンニクというものを食べましたが、ニラのような香りで力強い味でした。ふきは何ともタマラナイ美味しさでした。

 

最後に

 

同居人と家という空間をシェアしつつ、共に暮らす中で楽しい思い出や経験もシェアし合い、知らないものを知ることが出来ることはとても良いことだなあと思いました。

 

ニールのおかげで春の楽しみが増えました。行者ニンニクは、北海道ではクマと取り合いになると聞いたことがあります。人だけでなくクマをも虜にするおいしさの行者ニンニクを是非みなさんも食べて見てください!

関連記事

  1. ひだまり西永福の庭(シェアハウスの生活)

  2. ゼロウェイストでお買い物-荻窪で野菜を買うならここだ!

  3. 西永福駅から徒歩1分、Albatross sweets(小さな洋菓子屋さん)を紹介します

  4. 長く住みたい癒しの街、西永福!住人さんが案内する街歩き vol.2

  5. ひだまり西永福近所の下高井戸駅前市場を紹介します

  6. 東京・荻窪のシェアハウスでゼロウェイストな生活しませんか?