伏見においでやす~暮らしてみてわかった伏見の良いトコ

初めまして。

伏見シェアハウスで暮らしておりますサトです。

わたしは漆作家として制作をつづけながら、この春から京都のゲストハウス運営支援の会社で働き始めました。

 

ずっっっと京都に憧れがあって、いつか京都で暮らしてみたいな~とおもっていました。

大学、就職と京都に出るチャンスに挑戦していたのですが、ことごとくダメで、

“もうわたしは京都には縁がないのかな~”

と諦めかけていました。

 

が、この春に転職が成功しまして、憧れの都人になることが出来ました!

それで、憧れだったシェアハウス生活にも挑戦した次第です。

伏見シェアハウスは、活気のある大手筋商店街近くのレトロな一軒家です。

わたしはレトロ和風なインテリアが好きなので、ビビビっときました。

 

京都で暮らせることや家が素敵なことに浮かれて、花など活けてみました笑

これは共有部分の1階から、各個人の部屋のある2階につながる階段をあがったところです。

4月~5月は土佐水木を活けました。

こういったインテリアも、憧れていたんですけど、1人暮らしの部屋だと狭くてなかなかできなかったんですよね~。

伏見シェアハウスのみなさんは、新参者のわたしがいろいろ浮かれて飾りつけするのも、全然OK!ってかんじだったのでありがたかったです。

 

大手筋商店街は、古くからの小さい商店が沢山ある、歩いていて楽しい商店街です。

わたしの地元の商店街はシャッター街なのですが、ここは違います。めっちゃ活気があります。

京都の街中よりも、値段は安いのに美味しい飲食店が沢山あります。

 

スーパーも近くに3件あり、100均もドラッグストアもカフェも徒歩圏内に沢山ある。

とくに電車で買い物に出かけなくても、近所で事足ります。

引っ越し当初は色々買い物が多かったので、とても助かりました!!

その商店街買った一輪挿しに、この枝から切って自分の部屋にも飾ってみました。

ちょっとギャラリー風にしてみました。

古い家ならではの、窓ガラスの模様が可愛いですよね。お気に入りです。

一番左にある抹茶椀は、3年前に京都を旅した時に購入した、竹の漆塗り抹茶椀です。

私と一緒に京都に里帰りですね。あのときはまさか3年後自分が京都の住人になっているなんて思わなかったな~。

人間、諦めなければ夢は叶いますね笑

 

入居してきた当日、Come on UPのマエダさんと、伏見シェアハウス住人のナガオさんと一緒に、近所の酒粕ラーメンを食べに行きました。

 

伏見は、もともと“伏水”と書いて水が美味しいことで有名な場所です。

御香宮という神社があるのですが、そこでも名水が湧いています。

その他、名水が湧いているところが道端にあるので、空のペットボトルを持って行って汲んでいます。

毎日伏見の名水が飲めるなんて贅沢ですよね!!

その美味しい水を使って、お酒造りが盛んで、古くからの酒蔵が沢山あります。

あの黄桜も月桂冠も、本社はこの伏見なんですよ~!!

酒Barもあります。

 

そんな伏見の名物、酒粕らーめん。

 

シェアハウスから歩いて3分ほどの激近に、行列ができる名店“玄屋”さんがあります。

わたしは初酒粕らーめんだったのですが、まろやかな美味しさにびっくりして虜になりました。

引っ越し蕎麦がわりの引っ越しらーめん。

 

京都は美味しいラーメン屋が沢山あるんですね。住むまで知らなかったです。

これを機会にわたしは京都ラーメンにはまり、ハウスミーティング後に近所のラーメン屋にみなさんを誘うようになりました笑

 

あと、わたし的にとっても良かったのは、シェアハウスから歩いて4分ほどの距離に図書館があること。

仕事の行き返りに寄ったりしています。

区役所も近くて色んな手続きがラクでしたが、図書館も近くてほんと嬉しかったです~。

京都や伏見の歴史の本や、ガイドブックなども沢山置いてあります。

 

これからも伏見シェアハウス周辺の美味しいものや、京都の楽しいイベントなど紹介していけたらな!とおもいます。

関連記事

  1. Fun times at Round1 in Namba

  2. ひだまり西永福の近所(杉並区立塚山公園、下高井戸おおぞら公園)

  3. 【 シェアハウス 】よくある体験談について(パート①)

  4. 伴走型支援士認定講座 その1

  5. 物を持たないミニマリスト的生活に「シェアハウス」を選ぶ理由

  6. 憧れの世田谷区に住む?!