【夢応援プロジェクト】生と死の距離

Aozora Schoolで子どもたちが可愛がっていたうさぎのうち1匹が、学校に入り込んで来た犬に噛み殺されてしまうという悲しい事件がおきました。。

※写真のうさぎの色は血ではありません。

インドの色水をかけ合うお祭りのときに、ピンク色に染まったところ。

インドにいると、「死」というものがいつもすぐ近くにあることを感じます。
鶏肉を食べようと思えばまずニワトリを買いに行き、生きたまま重さを量ってその場でさばいて肉片にしてもらう。

誰かが亡くなれば村中に太鼓の音が響き渡り、「あぁ、あの家の人が亡くなったんだな」とすぐに分かる。
遺体を担架に乗せて御輿のように担ぎ、ぞろぞろと行列を作って火葬場まで運んで行く様子や、木を積み上げて火葬しているところを普通に道端で目にする。

「あの世に行くときは何も持って行けないからね。」と穏やかな顔で言う村の人たちを、時々思い出しては会いたくなるのです。

 

Website: http://www.comeonup-house.com/en/

Contact us: http://www.comeonup-house.com/en/contact

Phone: 03-3760-1392

LINE: @comeonup

Facebook: https://www.facebook.com/comeonup/

Instagram: https://www.instagram.com/comeonuphouse/

関連記事

  1. Dinner party at Come on UP Minamidai House!

  2. アンバサダー柳生華さん②ー仲間が増えてきた!

  3. 初めまして

  4. 【求人】関西シェアハウス・コワーキングで一緒に働く仲間募集!!

  5. 【夢応援プロジェクト】就職活動が始まった!

  6. カモンアップ社長・永瀬泰子独占インタビュー④