【 シェアハウス 】入居前のデメリットを知ることも大切です

こんにちは、カモンアップシェアハウスです。

 

シェアハウスでの生活を検討している人は、シェアハウスのメリットの他にデメリットもないものかと気になる人が多いかと思います。

 

メリットが豊富にあるシェアハウスには、もちろんデメリットの側面もあります。ここでのデメリットというのは、デメリットになり得るという意味合いの方が強いのかもしれません。

 

早速みていきましょう!

 

シェアハウス生活

 

シェアハウスで生活をするデメリット①

シェアハウスで生活するデメリットの1つ目は、夜中に騒がしい場合があるという点。

 

複数の人が生活しているので、生活リズムが違う場合、寝ている時に物音がすることももちろんありますよね。

 

昼夜逆転の生活をしているので、お互い休みたい時に音が聞こえてゆっくりと休むことができないケースも想定しておきましょう。ほとんどの人は常識の範囲内で生活をしていますが、中には常識外の行動をする人もいるということを頭の片隅に留めておきましょう。

 

シェアハウスに入居する際は、部屋の防音対策なども確認するといいでしょう。

 

シェアハウスで生活をするデメリット②

シェアハウスで生活をする2つ目のデメリットは、シャワーやトイレの時間が重なってしまうことです。

 

夜間帯に入浴したい、出勤前に洗面台を使いたいなどの場合、他の住人とかぶってしまうことがよくあります。特に、シェアハウスに入居している人数が多いとシャワーやトイレの時間が重なることも十分に考えられます。譲り合いの精神が大切になってきます。

 

もちろん、中には予約表を使用して対策を行っているシェアハウスも多くあります。お風呂にゆっくりと浸かりたい方は、シェアハウスを選ぶ際、お風呂場の数も確認するといいでしょう。

 

シェアハウスで生活をするデメリット③

シェアハウスで生活をする3つ目のデメリットは、苦手な人と一緒に住むこともあります。

 

シェアハウスは、不特定多数が共同で生活をする場所です。共同で生活をする人数も、物件によって変わりますが、小規模〜大規模と様々なシェアハウスがあります。

 

特に、小規模のシェアハウスを選んでしまうと苦手な人と顔を合わせることが多くなります。友達や恋人ができる可能性もありますが、デメリットの側面も頭に入れておくといいでしょう。

 

基本的には、常識範囲内の行動をしている限り、良好な人間関係を保てるはずです。

 

まとめ

 

多くの人と共に生活するシェアハウスには、様々なデメリットがあります。

 

シェアハウス入居を検討している人は、メリットだけではなくデメリットも知ることにより、自分に合った物件を見つけることができると思います。

 

デメリットの側面を知ることにより、シェアハウス生活を充実させていきましょう!

関連記事

  1. 誕生日の祝い方〜ブッダガヤ編〜

  2. シェアハウスで国際交流!

  3. アンバサダー柳生華さん②ー仲間が増えてきた!

  4. 【夢応援プロジェクト】はじめまして!

  5. 大阪吹田市の都会アットホームなシェアハウスを紹介-CHISATO-

  6. 【 シェアハウス 】メリットについて解説します(パート①)