シェアハウスの掃除事情(体験談含む)

こんにちは、カモンアップです。

 

住人が多く住んでいるシェアハウス。皆が気になるのは掃除事情なのではないでしょうか?

 

シェアハウスではどのようにし掃除の役割分担をしているのでしょうか?

 

今回は、シェアハウスの掃除事情についてお話しようと思います。

 

シェアハウス生活

 

 

体験談

正直、私は掃除がめっぽう苦手なので、シェアハウス生活をスタートさせる前はあまり掃除をしていませんでした。ゴミ捨てと洗濯さえしていれば大丈夫だろうと思っていたからですね。

 

一般の賃貸に住んでいた頃、友人が遊びに来た際に掃除機がないことに気付き、世話好きな友人の好意で掃除機を一度だけ借りることになったのですが、溜まり過ぎた埃のせいで掃除機が壊れてしまったのは今ではいい思い出です。

 

私の昔話はさておいておきましょう。

 

シェアハウスにおいて、掃除はとても大切な役割を担っていると言えるでしょう。早速シェアハウスの掃除事情を見ていきましょう。

 

シェアハウスの掃除事情

 

シェアハウスは個人の占有スペースの他に、共有スペースが必ず存在します。個人の占有スペースに決まったルールはないので、掃除してもしなくても個人の自由となります。

 

共有スペースにおいては、管理人やスタッフが定期的に掃除に来てくれるハウスもあるようです。カモンアップシェアハウスでは、住人が基本的に掃除をするのですが、掃除の仕方は各シェアハウスごとのルールが設けられています。

 

上北沢ハウスではタイムテーブルを作成し、月ごとに誰がどこを掃除するのかを決めています。そうすることにより、分担の不公平をなくすことが出来るからです。

 

このルール自体も新しく設けられたものなので、実際にやってみて改善点などがあれば月一回のハウスミーティングで修正するという流れになります。ちなみに、調理器具や食器などは使った人がその都度片づけるのですが、調理器具で気を付けないといけないものが何点かあります。

 

包丁類は濡れたままにしておくと錆び易いので、使用後は洗ってそのまま布で水気を拭き取って収納しましょう。もう1つは中華鍋です。一般のフライパンなどは使用したまま洗剤で洗っても問題はないのですが、中華鍋は洗剤で洗ってはいけません。中華鍋を洗う際は洗剤をつけずに、タワシで洗い流して水気を切ってから保管するようにしましょう。

 

水気を切る時ですが、中華鍋は洗剤で洗ってないのでタオルなどで拭いてしまうと、タオルがすぐダメになってしまいます。使用後は火をかけて水気を飛ばせば大丈夫です。と細かく説明しましたが、中華鍋が常備されているシェアハウスは上北沢くらいなので、頭の片隅に置いておく程度で大丈夫か思います。

 

最後に

 

 

その他、細かいルールなどは各シェアハウスのルールがあるかと思いますので、各ハウスのルールを守って快適なシェアハウスを送っていきたいところですね。

 

コロナ影響によりどの企業もつらいと状況ではありますが、皆で共に乗り越えていきましょう。

関連記事

  1. シェアハウスのメリットは?

  2. 食欲の秋

  3. カレーを超えた?!巷で話題、”ビリヤニ”をシェアしよう!

  4. 生活を“飾る” シェアハウス歳時記

  5. これだけ押さえておけば安心!失敗しないシェアハウス選びの7つのポイント

  6. シェアハウスの魅力と楽しさについて解説します(パート①)