シェアハウスの審査について知ろう

こんにちは、カモンアップシェアハウスです。

 

シェアハウスに入居するために行われる入居審査がどういったものか気になる人は多いのではないでしょうか?

 

今回は、シェアハウスに入居する際に行われる入居審査についてフォーカスします。

 

シェアハウスの入居審査とは

 

 

シェアハウスに入居をするためには、入居審査に通過しなくてはいけません。ただし、一般的な賃貸物件を借りるよりも比較的通過しやすい審査となっています。

 

まずは、シェアハウスを契約する流れを解説します。シェアハウスを契約する場合は、下記の流れで行います。

 

1.シェアハウスの内覧を管理会社に申し込む

2.入居したいシェアハウスに申し込む

3.入居審査を行う

4.契約を確認する

5.シェアハウスに入居する

 

入居審査には、書類だけで行われる場合と面談を行う場合があります。一人暮らしと違い、シェアハウスは集団生活です。人柄を確認する必要があるのです。

 

賃貸物件の入居審査とは

 

賃貸物件の場合も、シェアハウスと同じように契約を行う流れがあります。

 

1.賃貸物件の内覧を不動産会社に申し込む

2.入居したい賃貸物件に申し込む

3.入居審査を行う

4.契約を確認する

5.賃貸物件に入居する

 

賃貸物件の場合は、シェアハウスと違い書類審査が重要です。支払い能力があるか、信用情報に問題がある場合は審査に通過しない場合があります。

 

もちろん、契約をしている時の契約者の人柄も確認されますが、高圧的な態度をしている人や服装がだらしない場合以外は問題なく契約をすることが可能です。

 

シェアハウスの入居審査のポイントは

 

シェアハウスに入居する際には、賃貸物件よりも簡単に入居することができます。ここからは、シェアハウスに入居する際のポイントを解説します。

 

1.最低限の常識を持っていること

2.支払い能力があること

3.入居基準に該当していること

4.協調性があること

5.トラブルを抱えていないこと

 

シェアハウスに入居する場合は、人柄を重視しているため、賃貸物件に比べてアルバイトや契約社員でも審査を通過することができます。無職の場合は難しいので、必ず収入がある状態で審査を行いましょう。

 

まとめ

 

 

シェアハウスに入居する場合は、人間性に問題がなく、支払い能力があれば問題なく入居できます。

 

これからシェアハウスに入居を考えている方は、最低限のマナーを守って審査を受けましょう。

関連記事

  1. シェアハウスの相場について知ろう(パート①)

  2. シェアハウス旅行~宮城旅②キツネ村へ!!

  3. 日本にいながら英会話を365日実践できる所、シェアハウス

  4. Come on UP 総会イベント2016/2/6開催

  5. 物を持たないミニマリスト的生活に「シェアハウス」を選ぶ理由

  6. Around My Way: Kyoto