カレーを超えた?!巷で話題、”ビリヤニ”をシェアしよう!

こんにちは。新大阪コワーキングスペース管理人のマサヤです。

Come on UPでは、面白いことをされている方を呼んで、イベントや交流会を行ったりしています。

今回は”インドの炊き込みご飯”を、みんなで食べてみました。

みなさんは、ビリヤニをご存知でしょうか?

ビリヤニとは

ビリヤニとは、インドやその周辺国で食べられているスパイスとお肉の炊き込みご飯です。またパエリア、松茸ご飯と並び世界三大炊き込みご飯の1つと称されています。
インドにおいてビリヤニは、イスラム教徒の結婚式でお祝いの食事とされているだけではなく、屋台で日常的に食べることもでき、まさに国民食として幅広く愛されています。

出典:日本ビリヤニ協会オフィシャルサイト ビリヤニとは

ビリヤニのイベントを企画するまで、私自身ビリヤニを食べたことがありませんでした。

予習しなければと思い、大阪にできたビリヤニ専門店で人生初ビリヤニをいただきました。

これで予習もばっちりです。

 

趣味のビリヤニを本気で広める

友人のわけんさん(ゲームアプリソロックス が大ヒット)の紹介で、日本でビリヤニを普及させようと頑張っている日本ビリヤニ協会副会長の三木さんと知り合いました。

聞いたことも、食べたこともないビリヤニが、なぜか魅力的に思い「せっかくだから、みんなとシェアして食べたい!」と思いイベントを開催することになりました。

日本ビリヤニ協会副会長の三木さんは、とても気さくな方で、本業ではコンサルティングのお仕事ををされています。

ビリヤニの活動は、あくまでも趣味でやっているとのことですが、毎週末イベントを行い、冷凍ビリヤニ発売に向けてクラウドファンディングまでされているとのこと。

当日は、日本ビリヤニ協会の誕生秘話や、三木さんの世界放浪記などをお話をしていただきました。
インド好きの方からは仕切りに質問が飛んでいました。

 

世界三大炊き込みごはん王座決定戦

『日本ビリヤニ協会副会長と食べる、世界三大炊き込みごはん食べ比べ会!』と題してイベントを開催しました。パエリア、たい飯、そしてビリヤニを食べ比べるという、おそらく世界初であろう試みがなされました。

結果は、、、、、

 

 

パエリア 1票

たい飯 1票

ビリヤニ 10票

ぶっちぎりでビリヤニの勝利でした!!

 

三木さんはビリヤニを広める活動を始めて7年目、
自分が面白いと思ったことを、みんなに知ってもらって楽しんでもらいたいという思いで続けてこられたそうです。

遊びも本気で取り組み、着実に成果を積み重ねていく姿勢に、自分も頑張らねば!という気持ちになりました。
おいしいビリヤニを食べ、みんなで楽しみ、そして何か大切なものを学んだような気がしました。

なにより、ビリヤニをキーワードに知らない人同士が、楽しい思い出をシェアできましたのがとてもよかったです。

また面白いイベント企画したいと思います。ぜひ遊びに来てください!

いろいろなバックグラウンドを持った方とシェア生活をしたい方はぜひお問い合わせください。

関連記事

  1. AfterコロナでもWithコロナでも、対応可能な入居日フレキシブルプラン!

  2. 荻窪に住みたいあなたへ、住人さんが案内する街歩き・荻窪北口編

  3. シェアハウス入居の審査ってどんなもの?

  4. 自己PRとエピソード

  5. 食欲の秋

  6. 住みやすい町・永福町シェアハウスに新人スタッフTatsuが行ってみた