【夢応援プロジェクト】働き方と夢とのバランス

こんにちは。Eriです。

私は3年前に小さなNPOを立ち上げて、インドの農村地帯に暮らす大事な弟たちや村の子どもたちが教育を受け、自分の将来の選択肢を広げて希望を持って生きていけることを願って活動を続けています。

このNPOの活動で現地インドに滞在したり、国内でも動いていくために、日本ではフリーランスという働き方を選んで約2年間色々なお仕事をもらいながら生活してきました。

フリーランスと聞くと自由なイメージがあるようで、

いいね。

すごいね。

と言われることがほとんどでした。

ですが、

実際フリーランスというのは、やり方によってはきちんと分けられている人もいると思いますが、私にとっては仕事とプライベートが一緒になることでした。

自分の仕事が好きなので(栄養士として保健指導などしていました)そんなに苦ではなかったんですが、インドに滞在する休みは自分でいくらでも作れる。ただその間無収入なので、帰国後しわ寄せが来てほぼ休みなく働き、NPOのことを考える余裕など全くない…

この生活がなんだか本末転倒な気がして、どうすれば状況を変えられるかなぁとずっと考えていました。

 

フリーランスの仕事=夢、やりたい事

とぴったり一致していれば良いと思うのですが、私の場合、

夢、やりたい事(NPO活動)⇦この為のフリーランスの仕事(しかもこっちも夢、やりたい事でもある)

と何でもかんでも欲張りすぎで、無理があったなぁと思います。

 

昨年NPOの共同代表が出産して活動がほぼ難しくなった事、そして現地の状況が少し変わって来た事。(ここは長くなるので詳細はまたにしますが、支援を続けることが本当に現地の方々のためになるのかどうか疑問点が出て来た。)

このように状況が変わって来たこともあり、まずは自分たちの人生/生活の幸せありきで、その上でできること、かつ本当に現地のためになることを細々とでも続けていこうという結論に達しました。

 

そんな中、フリーランス時代にお仕事をもらっていたとある企業から社員登用のお話をいただき、その企業での仕事が好きだったこと。そしてその企業のスローガン「世界から肥満と飢餓を無くす」に共感した事などから入社を決めました。

あっという間に今日でフリーランス卒業、明日から久々の会社員となります。

もう年に何度も自由にインドに行くことは出来ませんが、これからの方が逆に時間ができて、国内中心でもできる活動についてじっくり考え行動していけるのではないかと思っています。

 

Think Global, Act Local.

ということで、夢と仕事とのバランス、というお話でした。

 

 

▼ SNSで情報発信しています!▼

Instagram Facebook

 

▼ Come on UP のシェアハウス一覧はこちら▼

シェアハウス一覧


▼ お問い合わせはこちら▼

お問い合わせ


LINEでもお気軽にお問合せください!

友だち追加


お急ぎの方は、、、

03-3760-1392
までお電話ください!

 

関連記事

  1. シェアハウスってトラブルはないの?

  2. シェアハウスの魅力と楽しさについて解説します(パート①)

  3. シェアハウスの住民票ってどうするの?

  4. 西永福商店街のお店紹介

  5. シェアハウスに個室はあるの?

  6. ヴォーリズ建築を見に行ったお話(シェアハウスの生活)