DIY

ないなら作ればいいじゃない!

こんにちは、スタッフNahoです。

だいぶ久しぶりの投稿となってしまいました…!(土下座)

そしてCome on UPでシェアハウスのマネージャーをはじめてから早1年!

ほんとにあっという間で充実した1年間でした。

そして特に吉祥寺ハウスに3か月、駒沢大学ハウスに3か月ステイした時間は本当に楽しかったです!

また私のシェアハウス体験記はおいおいブログに書いていきたいと思っています。

さて、今回は素敵なDIYワークショップのお知らせです!

続きを読む

DIYで古民家再生シェアハウス大阪2件やりました!

DIYやってみたいけど、どうしらたいいのか、、、

 

スタッフの私もはじめはそんな感じでした。

 

私が初めに手掛けたのは、シェアハウスの表札。そしてペンキ塗り。

そんなところからはじまりました。

 

先輩スタッフに教わりながらだんだんとレベルアップ。

 

棚がないなら作りましょう。

色が気に入らなければ自分で塗っちゃいましょう。

壁が邪魔ならくり抜きましょう。

 

Do it Yourself

 

Come on UP は、あなたのクリエイティビティを応援します。

 

みんなでDIYして、こんなシェアハウスを作りました

 

Re:緑橋

419270_10150668679928566_122357195_n

 

Re:緑橋DIYブログはこちらをクリック

 

千里山ちさと

262510_10151616137448566_1209621821_n

 

千里山ちさとDIYブログはこちらをクリック

 

スタッフも初めての体験からスタートし、

経験豊富な先輩や社長、外国人やYoutubeに教えてもらいながら、数々のDIYを行ってきました。

 

時には、フローリングや外壁など家一軒まるまるリノベーションしたりすることもあります。

 

全部屋DIY可能

 

そんな経験も問題解決力も豊富なスタッフのいるCome on UPのシェアハウスは、全部屋DIY可能です。

 

賃貸マンションでは、なかなかできないですよね。

 

住みながら、気になったところはどんどんDIYできます。

 

もちろん、スタッフのサポートもあるから安心。

 

古民家を買うのはリスクがかかるけど、古民家に住むのはその時の家賃のみでOK。気軽にDIYライフを始められます。

 

ぜひ一度、ご見学、もしくはテレビ電話でお話しいたしましょう♪

クリエイティブに溢れるあなたを待っています^^

 

 

こんなことしたいけど、大丈夫?など質問があったらお気軽にご相談ください

 

LINEやメールフォームから相談できます

 

LINEで相談する場合はここをクリック!

 

メールフォームから連絡する場合はここをクリック

 

424176_10150668678998566_618061504_n

続きを読む

生活を“飾る” シェアハウス歳時記

こんにちは。伏見シェアハウスのさとです。

京都も一気に春めいてきました!まだ風が冷たい日もありますが、日差しが確実に春の日差しになっていて、

季節が変わっていくのをワクワクしながら過ごしています。

 

先日お花屋さんに立ち寄った時、ミモザの黄色い花が可愛くて、思わず買ってきました。

花を買うときって、なんか自分がお洒落な人になったような満たされる思いがするんですが、わたしだけ?笑

もちろん自分が好きで買ったんですが、でも、もし一人暮らしだったら、花は買わないかもしれない。

 

誰かと暮らしていて、「これを飾ったらみんなどんな反応するかな、誰かは喜んでくれるかな」と考えたり

生活にいろどりがあったらいいなとおもったり、ひとり暮らしのアパートより大きな家で暮らすことで、飾るスペースがあるから、何かを飾りたくなる。

 

ミモザは階段を上がったところのスペースに、花瓶に入れて活けました。けっこうすぐしぼんでしまうらしいので、そうなったら吊るしてドライフラワーにしようとおもいます。

 

踊り場のこのカゴも、わたしが花をかざっていたら、住人の松井さんが置いてくれたんです。

飾りの連鎖ですね!

 

なにか少しでも、生活が豊かになったり便利になったり楽しくなったらいいなと思って工夫する。

そういう住人さんが伏見シェアハウスには多いです。

 

その顕著な例がトイレ!!

見てください、この可愛いジュラシックワールドを!!!

これは住人のAさんが、季節に合わせて工夫して飾ってくれているんです。

彼女は将来自分のカフェがやりたいという夢があるので、インテリアもセンス良くトイレをオシャレ空間にしてくれました。

しかも、季節ごとにチェンジするので、ハロウィンはカボチャが飾ってあったり、お正月は門松や桃の花がありました。

トイレに入るたびに季節を感じられる…なんて風流なんでしょう笑

 

さらに、トイレットペーパーホルダーを手作りしてくれたのがSさん。

彼女はお裁縫得意で、ササっとペンケースやポーチをつくってくれるのですが、その特技を活かして、

トイレットペーパーの予備を置くように可愛い布で作ってくれたんです~。

生活を、より良くする工夫。

それはひとり暮らしだってできるけど、誰かと一緒で、その人が喜んでくれるかもとおもうと、想像するだけで楽しい。

喜んでもらえると、もっと飾ったり、もっと良くしたいなって思う。そうやって生活が良くなっていくのは、1人暮らしでは味わえないことだなっておもいます。

 

飾りといえば。

3/3 は雛祭りでした。

わたしはお雛様が好きなので、実家にいる時も毎年楽しみにひな人形を飾っていました。

シェアハウスにも小さなお雛様を持ってきていたので、玄関のスペースに飾ってみました。

京都で買った漆の小さな雛道具のお椀も置いてみました。

関東と関西ではお雛様とお内裏様の位置が左右逆だと聞いたので、京都風に実家とは逆にセット!!

すぐに住人さんが気づいてくれて、誰が置いたのか推理していました笑

 

こんな感じの、京都らしい季節を大切にする暮らしを楽しんでいます。

DIY全室OK!シェアハウスで自分らしくステキな暮らし

 

「おしゃれな部屋に住んでみたい!」

 

「自分の好きな壁紙を張りたい!」

 

「人とは違う、ちょっと変わった部屋に住んでみたい!」

 

せっかく新生活を始めるのなら、自分の希望を叶えられるお部屋に住みたいですよね。

 

探しているけどなかなか見つからなくて、、、

 

と諦めかけているアナタに朗報です!

 

アナタの希望を叶えられるお部屋がすぐそこにあります。

 

続きを読む

シェアハウスを選ぶ理由

image

シェアハウスに興味を持つきっかけは人それぞれだと思います。

楽しい事、異文化交流等を求めているのは全世代共通ではないでしょうか?

今回は僕が20代(もうすぐ30代)ということで20-30代にフォーカスしていきます。

エコ、シェア、ボランティア・ワークライフバランスというキーワードに敏感な世代では ないでしょうか?

高価なブランド物よりファストファッション・ビジネスにはお金儲けより社会貢献。

でも、ワークライフバランスを求める中で「安定しているだけでいいのか?本当に自分のやりたいことがあるんじゃないのか?」

と考える方も少なくはないと思います。

『シェアハウス』に住むことで「さまざまな世代の人と交流をして、自分の考え方を見つめ直せる」というメリットは大きいと思います。

さまざまな年齢・職業の人と交流して、自分の価値感と可能性について考え直
す場所としてシェアハウスは身近で経験できる最適な場所の1つです。

社会人だと仕事のときはオン・プライベートのときはオフと生活がふたつに分けられてしまいがちですが『シェアハウス』では同居人の存在によってオンとオフがほどよくミックスされるため「自律した生活」を送る環境があります。

家族・友人とも違うシェアメイト。

だからこそ簡単に否定せず、お互いうまくやっていく努力が求められます。
自分の意見を伝える力や、細かいことにこだわらず、違う価値観を許容する度量の
大きさが手に入ることも魅力の1つですね。

人と長く付きあうために必要な、ほどよい距離の取り方が自然と身につく

『シェアハウス』。

シェアライフを上手に楽しめるようになることは、精神的に大人になることにも通じこれからの長い人生にも役立つと思います(・ω・)

※写真はハウスのDIYをした様子です。