アートの街、吉祥寺のシェアハウスで、Art & Food イベントを開催しました!

Come on UP吉祥寺シェアハウスにて、10月26日(日)アート&フードイベント開催しました!

芸術の秋・食欲の秋ということで「シェアハウスで楽しむアート&フード」がテーマ。シェアハウス内にアート作品を展示。芸術作品の中でフードを楽しむ催しに、総勢25名の方がご参加くださいました!

image

今回展示のアート作品の一部は、Come on UPの住人さんが制作されたもの。様々なキャリア・バックグラウンドの人と触れ合えるのがシェアハウスの醍醐味。アーティストやアートに興味がある方も多数いらっしゃり、刺激的です。
それでは、写真とともに、当日の様子をご紹介します!

まず目に入ってくるのは、大型のアート作品。
2階のベランダから展示して、このサイズ。皆さん、興味津々で見上げていました。

image

内容は、妖怪絵巻。アニメが好きな海外の方は、すごく刺激的な作品だとお気に入りでした。

image
室内に入ると、絵画作品が多数。
シェアハウスの住人さんが制作した作品です。鮮やかな色使いの作品の数々。見ているだけで明るい気分になります。シェアハウスにぜひ展示したい!そんな作品です。

image

image
趣向が変わったのは、照明アート。こちらも素敵でした。

image
そして、素敵なフードの準備もできました。パエリア~。
Come on UPのインターンスタッフ(ニックネームは“シェフ”)が、アートを意識しながら作ってくれました。レモンの配置、アーティスティックではないですか?

image

美味しい料理を囲んで、みんな盛り上がってます。たくさんの方にお越しいただいて、ちょっとぎゅうぎゅう。(笑)

image

楽しい会話に花が咲いて、シェアハウスの夜はふけてゆきます。

image

お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。

Come on UPでは、アーティストはもちろん、様々なバックグラウンドの方と交流することを大切にしています。今後も様々なパーティーを通じて、仲間の「輪」が広がればいいなと願っています。

次のパーティーで、ぜひお会いできるのを楽しみにしています。
Come on UP のホームページはこちら。
http://www.comeonup-house.com/

シェアハウスについてのお問い合わせはこちらから。
http://www.comeonup-house.com/contact

【夢応援プロジェクト】はじめまして!

Dream Projectに参加させてもらうことになりましたEriです。よろしくお願いします!

さて、私は何をしているかというと、インドで最も貧しいといわれるビハール州にあり、不可触民と呼ばれるほど差別される人々が住むハティヤール村のフリースクール兼孤児院AOZORA schoolの支援をしています。
AOZORA schoolに出会ったのは約6年前。学校で育てられている孤児たちの素直さ、純粋さと運営する先生方の熱意に心を動かされ、それ以来ずっと支援を続けてきました。
AOZORA schoolは運営費の全てを寄付により賄っていて、常に運営資金が足りていないギリギリの状態で運営を続けています。ですが育てている孤児も成長し、大学生/高校生の子が増えてきてますます支出が増えてきたこと、また運営資金の大きな割合を占めていたオーストラリアからの寄付が今年で打ち切りになる可能性が高いことなどを受け、これからは日本からより持続可能で効果的な支援を行っていこうと昨年12月に私と友人とでNPO AOZORAを立ち上げました。
まだNPOとしての体勢も整っていない状態ですが、本当に必要な支援、現地の人の力を引き出せるような仕組みづくりを考えていきたいと思っています。何か一緒にやれることがあればぜひやりましょう!
今年8月にイベントHoli in Japan、来年3月にスタディーツアーなどを企画中ですのでまたこのブログで紹介させてもらいますね。
ちなみに西永福のシェアハウスに住んでいますが、他のハウスの色んな人ともお話しできたらいいなーと思ってます。それではこれからどうぞよろしくお願いします:)
NPO AOZORA Facebook page:
https://m.facebook.com/npo.aozora
ぜひいいね!をお願いします☆

東京・大阪で一緒にシェア事業を発展させてくれる仲間募集!

Come on UPのだいごです。

現在、東京・関西で29軒、戸建てのシェアハウスを運営しているCome on UPで一緒に働いてくれるメンバーを募集しております

「シェアから広がる、わ」が会社理念。
シェアハウス事業を中心に、シェアマインドを全国に広めようと事業拡大中です

もちろん、最初はしっかり現スタッフがフォローしていきます。
チームみんなで、協力しながら仕事を進めて頂くこともあり、挑戦をしていきたい方ならきっと楽しんで勤務して頂けますよ。

詳しくは↓↓のURLから採用情報をご確認ください。

http://www.comeonup-house.com/about/careers

また現在インターン生も募集しています。

Come on UPのインターンシップは、しっかり経験となるプログラムを一人一人の希望に合わせて作ります。初めにゴール設定をして、中間レビュー、最後にはファイナルプレゼンを行っていただきます。

インターンに興味のある方も↓↓のページから採用情報をご確認ください。

http://www.comeonup-house.com/about/careers

東京・大阪で一緒にシェア事業を発展させてくれる仲間募集!

Come on UPのだいごです。

現在、東京・関西で29軒、戸建てのシェアハウスを運営しているCome on UPで一緒に働いてくれるメンバーを募集しております

「シェアから広がる、わ」が会社理念。
シェアハウス事業を中心に、シェアマインドを全国に広めようと事業拡大中です

もちろん、最初はしっかり現スタッフがフォローしていきます。
チームみんなで、協力しながら仕事を進めて頂くこともあり、挑戦をしていきたい方ならきっと楽しんで勤務して頂けますよ。

詳しくは↓↓のURLから採用情報をご確認ください。

http://www.comeonup-house.com/about/careers

また現在インターン生も募集しています。

Come on UPのインターンシップは、しっかり経験となるプログラムを一人一人の希望に合わせて作ります。初めにゴール設定をして、中間レビュー、最後にはファイナルプレゼンを行っていただきます。

インターンに興味のある方も↓↓のページから採用情報をご確認ください。

http://www.comeonup-house.com/about/careers

住人インタビュー 矢口渡「よういちさん」

よういちさん 日本人
●シェアハウス歴はどのくらいですか?
>今の清水はまだ1週間くらいだけど去年は成城ハウスに3ヶ月くらい、茗荷谷ハウスに5ヶ月くらい住んでいたよ。

●お仕事はなにをしているんですか?
>コンサルティング…だけど、簡単に言うと人と会社を繋ぐ仕事のグローバル版かな。

●なぜCome on UPを選んだのですか?
>もともとは知り合いの紹介で知ったんだよね。その時に等々力のハウスを内覧したんだけど、でも実際に住んだのは成城ハウスだったんだよね(笑)成城ハウスは写真見てなんか気に入っちゃって、結局内覧せずに入居決めたんだよね。それでそのあと茗荷谷ハウスに移ったの。しばらく日本を離れていたんだけど、日本に帰ってきてまたCome on UPの清水ハウスに住み始めたのがこの前ね(笑)知り合いの紹介ってのもあって、特に心配する点もなかったし他のとこと比較することなく、ここにお世話になろうって思ったかな。

●実際に住んでみてどうですか?
>手続きやルールがオープンで分かりやすいから外国人や地方からくる人にとってはすごく優しいんじゃないかな。あと、これは関わってみないと分からないと思うけど、Come on UP独特の雰囲気とか受け入れてくれる感じが最高だと思うよ。人と人との心の関わりがあるのがいいよね。誤解を恐れずに言えば、物件よりもそこが魅力的。
どこの物件にいっても人がいいし、他の物件の住人さんも同じことを思っているんじゃないかな。

●なにか不満はありますか?
>例えばだけど・・・設備に対しての不満とか、納得いかないとことかある人は一人暮らしすればいいと思っちゃうんだよね。自分は割とそういうのが気にならないタイプだからね。だからなにか不満とかっていうのはないかなぁ。
●メッセージ
>まず、見に来てみて。だってただなんだから。それから、自分の目で見て、いろんなことを判断してほしいな。