【夢応援プロジェクト】Hi, Dude.

 

Nice to meet you!!

 

荻窪ハウスにすんでいる望夢(のぞむ)と申します。私は救急救命士になるために大学に通っています。日本では年々の外国人観光客の増加、2020年に東京オリンピックが開催され、東京が外国から来られる方で賑わうこと予想されます。交通事故にあってしまった、急病を発症してしまった、怪我をしてしまった日本語が話せない外国の方のために、“英語で対応できる救急隊”として、多くの人を救いたい、助けたい、そう願っています。頑張らねば...。

 

世界の救急救命士(paramedic)に興味があり、先端技術を備えている英国、米国、豪州へ留学に行くことを将来の視野にいれています。そして日本の救急救命士の発展に貢献したいです。

 

もっと頑張らねば...(笑) 

 

 

“和”をテーマにしたこのシェアハウスを機に、いろんな人と会えたら嬉しいです。BBQ やイベント、パーティを開き交流できる場所を設け、別のハウスの方々ともが出来たらいいなぁ、友達の輪を広げられたらいいなぁ、なんて考えてます!

 

 

~English version~

I had been in Ibaraki prefecture until I was a high school student. I’m a student majoring in health science of Kyorin university now. My department is paramedic and emergency medical technician. I’ve learned biology, anatomy, physiology, public health, practicing how I could rescue and cure some patients who have injury as a paramedic and so on since I was a first year student.  Recently, the number of foreigners coming to Tokyo is increasing and we can expect to increase more the number of foreigners than now because we will hold Olynpic in Tokyo in 2020. I wanna be a paramedic who can speak in English  to rescue and help  patients who can’t speak Japanese well in my future. I’m interested in abroad paramedics, especially in Australia and USA. I would like to study abroad in there some day in the future.