古民家改修と小屋づくりワークショップ〜BEYOND自然塾での日々〜

  • 10月の初めから、山梨県の北杜市にある古民家に滞在しながら、古民家の改修と小屋づくり(コードウッドハウス)ワークショップに参加しました。

北杜市は、空家となった古民家がたくさんあり、アマチュア有志による改修作業もさかんな場所。

ワークショップはNPO「Beyond自然塾」(代表・室田泰文さん)が主催。DIY初心者でも、作業のノウハウを丁寧に指導してもらえたので、とても勉強になりました。

古民家改修

古民家の改修作業は、室田さんを中心に数人のボランティアスタッフで進めています。

私は大工仕事の経験は乏しく、丸ノコやインパクトドライバーをまともに使うのは今回が初めて。慣れていないせいもあり、寸法を間違えて切ってしまったり、測って切ったつもりがずれてしまい、やり直しになるということも多々ありました。ミスが目に見えてわかるので、失敗するとへこみます…

作業をしていて一番驚いたのは、古民家の柱や壁は、一見すると水平や垂直に見えても、測ってみると左右や上下で寸法が違っている場合があること。数ミリ、時には1センチ近くの誤差があることもある。これを知らずに作業すると、仕上がりがずれてしまったりする。予測と実際が食い違うという、パソコンでの作業では中々起きない事態が頻出。

そんな時は、測り方をはじめと変えてみるなど、いろいろと工夫してみる。さっきは失敗したけど今度はうまくいったという経験が増えてくると、だんだんと作業が上達するし、自信もついていきます。

これはDIY作業だけでなく、生活や仕事の中で出会う、さまざまな失敗や困難への対処法としても使えるなと思いました。トライアンドエラーでひとつずつ、めげずに状況を打開していく。

改修中の古民家

小屋づくりワークショップ

小屋づくりワークショップは、毎週日曜日に開催し、約半年間かけてみんなで進めていきました。金具やコンクリートはほとんど使わず、木や土などの自然素材を使って、手間ひまかけて造っていきます。参加者は20人程度おり、大人も子どもも楽しく真剣に取り組んでいました。

穴を掘り、山からチェンソーで木を切り出し、数人がかりで運び、樹皮を剥き乾かすところから始めました(なかなかない!)。

柱となる木材に凹型の溝をチェンソーで掘り、木と木がうまく噛み合うようにし、構造を組み立てていきます。これが非常に難しく、掘った溝のどこかに突起があったり、溝が浅すぎたり向きが少しずれていたりすると、きちんと噛み合わない。みんなで溝を覗き込みながら、「ここが当たっている」など問題を見つけ、調整しながら進めていきます。

これが終わると、土と藁を混ぜて水で練って粘土状にした泥団子づくり。これを塗りこめて土壁にするのです。

土を運ぶ班、土・藁・水を足で踏んで混ぜる班、できた泥団子で土壁を作る班に分かれ、せっせと作業を進めていきました。

私は主に、土をスコップで掘って運んだり、フンコロガシのように泥団子をこしらえる土木的作業のほうをやっていました。土壁を塗る作業ももちろんやりましたが、気が付くと無意識に力仕事のほうに回っているのです。こういうところに人の本質が出るのかもしれません。…

ワークショップ最終日までに、棟上げ、そして壁づくりの8割ぐらいは完了しました。あと一息です。

 

DIYな日々

作業場の近くには、日用品や食品を買える店がないので、生活に必要なものはおのずと自分で作るようにもなります。

カセットボンベが切れたので、外で火を起こして(チャッカマンでですが)調理をしたり、障子が破れているので新しく障子紙を貼ったり。ベルトを持ってくるのを忘れてきてしまったので、倉庫にあった麻紐で自作したり。

街に住んでいると、ものが壊れればすぐに新しいものを買って済ませていましたが、生活に不便な場所にいると、不器用だろうが関係なく、必要にかられて自然と手を動かすようになるようです。

そうしてモノを作りながら生活していると、どんどん気持ちが前向きになり、健康的になってくる実感がありました。ないからモノを作るというシンプルさが、人が本来持っている、生きるための力を高めるような気がします。

みんなで作った屋外コンポストトイレ

ところで、最近でこそDIYという言葉が浸透してきているようですが、少し前の日本だと、職人や料理人など専門家の世界は門戸が狭く、プロとアマチュアの格差が今よりずっと大きかったように思います。

そうした世界は、若い頃から「その道一本」で専修しないと通用せず、そうでない人がやれば「邪道」とみなされるような雰囲気があったような気がします。

今になって振り返ると、あれは産業の分業化や専業化をすすめるため恣意的に作られた考え方でもあったんじゃないかなと思えます。

私は、いわゆるロスジェネ世代と呼ばれる世代で、そうした分業的・家族至上主義的・自己責任論的な社会の終わり頃に青春時代を過ごしました。

就職する頃は大不況で、仕事がないにもかかわらず「努力が足りない」と根性論でレール(既に崩壊している)の上を走るよう強いられるような時代でした。

最近ようやく、そうした価値観に疑問を持つ人が増え始め、「自立とは依存先を増やすこと」という言葉に代表されるような、人と人との繋がりを大事にした新しい価値観が広まってきているようで、ホッとしているところです。

私が担当した便座

これまでは、私たちの衣食住のほとんどが、自分ではコントロールできないシステムに委ねられており、私たちはそれに依存しながら生活していくしかなかった。

けれど今後、みんなが畑で自分の食べるぶんの野菜をつくったり、簡単な大工仕事をこなしたりなど、生活に必要なことをある程度は自給できるようになれば、社会は大きく変わるに違いない。そして、もし災害が起きて、電気や水道などの公共インフラが止まってしまったとしても、過剰に慌てふためくこともない。

東日本大震災の後、こうした考えが以前より一般的になってきたと感じます。

モバイルハウスがトレンドになり、あちこちにDIY拠点ができ始めている。シェアハウスも当たり前になり、エコビレッジやトランジションタウンでイベントをやれば、新しいもの好き、面白いこと好きの人々が集まってくる。ヒッピー文化の流行った世代や、ログハウスDIYの流行った世代、そしてモバイルハウスや小屋暮らしに憧れる若い世代が一堂に会し交流する。良い流れだと思います。

さて、私の旅はまだ続きます。古民家改修を時々手伝いながら、面白そうなことをやっている場所を訪ね歩きます。

▼ SNSで情報発信しています!▼
Instagram Facebook

▼シェアハウス一覧はこちら▼
シェアハウス一覧

▼ お問い合わせはこちら▼
お問い合わせ

LINEでスタッフに質問することができます!
友だち追加

→WEBからの見学予約はこちらから

お急ぎの方は、、、
03-3760-1392
までお電話ください!

Come on UP のシェアハウス

東京、大阪、京都を中心に35のシェアハウスを運営する

「Come on UP」に相談してみてください!

LINEでお問い合わせいただいても大丈夫!

シェアハウスに関すること、イベントに関することなど不定期に情報発信しています。

お気軽に友だち追加お願いします(*^-^*)

 

友だち追加


問い合わせてみる