"みんな"のいるシェア生活

生活を“飾る” シェアハウス歳時記

こんにちは。伏見シェアハウスのさとです。

京都も一気に春めいてきました!まだ風が冷たい日もありますが、日差しが確実に春の日差しになっていて、

季節が変わっていくのをワクワクしながら過ごしています。

 

先日お花屋さんに立ち寄った時、ミモザの黄色い花が可愛くて、思わず買ってきました。

花を買うときって、なんか自分がお洒落な人になったような満たされる思いがするんですが、わたしだけ?笑

もちろん自分が好きで買ったんですが、でも、もし一人暮らしだったら、花は買わないかもしれない。

 

誰かと暮らしていて、「これを飾ったらみんなどんな反応するかな、誰かは喜んでくれるかな」と考えたり

生活にいろどりがあったらいいなとおもったり、ひとり暮らしのアパートより大きな家で暮らすことで、飾るスペースがあるから、何かを飾りたくなる。

 

ミモザは階段を上がったところのスペースに、花瓶に入れて活けました。けっこうすぐしぼんでしまうらしいので、そうなったら吊るしてドライフラワーにしようとおもいます。

 

踊り場のこのカゴも、わたしが花をかざっていたら、住人の松井さんが置いてくれたんです。

飾りの連鎖ですね!

 

なにか少しでも、生活が豊かになったり便利になったり楽しくなったらいいなと思って工夫する。

そういう住人さんが伏見シェアハウスには多いです。

 

その顕著な例がトイレ!!

見てください、この可愛いジュラシックワールドを!!!

これは住人のAさんが、季節に合わせて工夫して飾ってくれているんです。

彼女は将来自分のカフェがやりたいという夢があるので、インテリアもセンス良くトイレをオシャレ空間にしてくれました。

しかも、季節ごとにチェンジするので、ハロウィンはカボチャが飾ってあったり、お正月は門松や桃の花がありました。

トイレに入るたびに季節を感じられる…なんて風流なんでしょう笑

 

さらに、トイレットペーパーホルダーを手作りしてくれたのがSさん。

彼女はお裁縫得意で、ササっとペンケースやポーチをつくってくれるのですが、その特技を活かして、

トイレットペーパーの予備を置くように可愛い布で作ってくれたんです~。

生活を、より良くする工夫。

それはひとり暮らしだってできるけど、誰かと一緒で、その人が喜んでくれるかもとおもうと、想像するだけで楽しい。

喜んでもらえると、もっと飾ったり、もっと良くしたいなって思う。そうやって生活が良くなっていくのは、1人暮らしでは味わえないことだなっておもいます。

 

飾りといえば。

3/3 は雛祭りでした。

わたしはお雛様が好きなので、実家にいる時も毎年楽しみにひな人形を飾っていました。

シェアハウスにも小さなお雛様を持ってきていたので、玄関のスペースに飾ってみました。

京都で買った漆の小さな雛道具のお椀も置いてみました。

関東と関西ではお雛様とお内裏様の位置が左右逆だと聞いたので、京都風に実家とは逆にセット!!

すぐに住人さんが気づいてくれて、誰が置いたのか推理していました笑

 

こんな感じの、京都らしい季節を大切にする暮らしを楽しんでいます。

緑もいっぱい‐住み心地満点の等々力シェアハウス

こんにちは!

New スタッフのナホです。

今日は初めて訪問して私もお気に入りの等々力ハウスを紹介したいと思います。

世田谷の閑静な住宅街で知られ、自由が丘からほど近い等々力ハウス。

大井町線の尾山台・九品仏、両方の駅から徒歩圏内にあるこのシェアハウスは、和とモダンが調和した9LDKの物件です。

続きを読む

シェアハウスでDIYしませんか?@千里山ちさと

こんにちは、ブログ担当のマサヤです。

 

千里山ちさとシェアハウスに遊びに来てくれた人がよく”ゲストハウスみたい!”とよく言ってくれます。

そんな千里山ちさとですが、実はいろんな人が協力して作ったDIYしたシェハウスなのです。

 

緑地公園近くで、穏やかな時間の流れる千里山ちさとがシェアハウスになるまでをご紹介します。

現在も、壁にペンキを塗ったり、自分たちでDIYしながら育てているシェアハウス。

 

DIY好きには是非知ってもらいたいシェアハウスです。

続きを読む

シェアハウスでDIYしませんか?@Re:緑橋

こんにちは、ブログ担当のマサヤです。

みなさんは”DIY”ってやったことありますか?

 

最近では”DIY女子”という言葉があるくらいDIYが流行っていて、

自分でお部屋を飾り付けたりする方が多くなってきています。

 

その一方で、私はDIYなんてやったことがなく、ちょっとした棚も作ったことがありません。

 

特に日本はなんでも”業者”がやるものと考える人が多いようで、私の実家でも、ちょっと調子が悪かったら業者に電話、というのが当たり前でした。

 

ですが、最近そのことに違和感を感じてしまいます。

”自分が使うものなのに、どういう仕組みかわからず使っているのは、なんか変”という感覚を持つようになってきました。

 

身近にあって頻繁に触れるものだから、自分で作って、何がどういう仕組みで出来上がっているのか確かめながら暮らしたいと思うようになってきたのです。

 

調べてみると、自分にはできないと思っていたことが意外と簡単にできることがわかったりします。youtubeには、沢山の作り方動画がアップロードされていたり、ちょっと調べれば自分のやりたいDIYの情報が沢山インターネットには掲載されています。

 

しかし最大の問題は、ペンキを塗ったり、壁に棚をつけたりできる家がないことではないでしょうか。賃貸で借りているアパートでは、なかなかDIYすることができません。

 

そんなDIYをやりたいのに場所がない方に朗報です!

 

Come on UPのシェアハウスではDIYができるんです。全部屋DIYがOK。

 

DIYやりたい方とスタッフで古民家をDIYでシェアハウスに再生したことだってあるんです。

そんな、DIYで再生した古民家をご紹介します。
続きを読む

シェアハウスでメディカルハーブ体験会

こんにちは、ブログ担当のマサヤです。

京都のシェアハウスにお住まいの住人さん主催でメディカルハーブ体験会を行いました。自給自足・畑・DIYをテーマでやっている山科シェアハウスで開催です。

今回はメディカルハーブで万能軟膏を作るとのこと。ハーブ初心者の私はどうやって作るのか見当がつきません。

ハーブに興味はあったけれど、なかなか自分で育てたり、調べたりしていなかったハーブ。良い機会なので勉強です!

そもそも“メディカルハーブ”ってご存知ですか?

続きを読む