あなたの夢をシェアしよう!

好きなことで起業する!!その前のゴール

こんにちは。リッチ脳コーチ 竹谷やよいです。

私自身が最近脳に指令をだしている
『人生のゴール』について

 

『私は総合的に何を達成したいんだろう!?』

 

『未来の私はどうなっていたいんだろ??』

『そして未来側の自分と今の自分との
ギャップを埋めるにはどうしたらいいのだろう??』

最近自分に問うている課題です。

リッチ脳コーチングでは
過去から未来に時間が流れているのではなく
未来から過去に時間が流れているという捉え方です。

 

時間の捉え方の見方を変えると
過去は一切関係なのです。

 

リッチ脳マインドでは
過去からのあなたではなく
『あなたが未来どうなりたいか??』

に重きを置いています。

 

先日もリッチ脳コーチングにおける
時間軸の捉え方について

《リッチ脳1dayマインドセミナー》で
お伝えいたしました。

そして、未来のこうありたい!!の自分が
ぶっ飛べばぶっ飛ぶほど

夢を叶えるのも加速するんです。

ゴール設定には2つの絶対的なルールがあります

まず一つは≪ぶっ飛んでいること≫

そして二つ目は
≪本当にやりたいこと≫であることです。

 

ルールですので、
これも脳機能的にきちんと理由があるのです。

しかーし、この現代社会

『自分が本当にやりたいことが見つからない』

って方も実は多いのです!

つまり私が冒頭に書いた人生のゴール

人生において何を達成して、

心から何をやりたいのかが
分からないということですね。

 

真のゴール自体を見つけていくことが
コーチングになります。
(真のゴールは中々見つからないのですよ)

 

そこで皆さんの最初の衝撃的な気づきが
起こるのですが、

それが

『今の仕事やりたくない』
ということです。

 

だって今まで何の疑いもなく仕事してきたのに

『本当にやりたいことはなにか??』

 

人によって今まで考えもしなかったことを
自分自身に問うわけですから

ただただ生活するためお金のために
仕事して来た方にとっては

 

衝撃的なことでここで、
大きな葛藤が生まれると思います。

 

『それなら、本当は自分のやりたいこと、
好きなことで起業したい』

 

でも

『生活のためにお金は必要だから
今の仕事はすぐには辞めれない

どうしたらいいんだろう???』

 

と。

 

さて皆さん、

 

この場合どうしたらいいと思いますか??

あなただったらどうしますか??

 

ちょっと考えてみてくださいね

 

・・・

 

・・・

 

・・・
では
答えをもういいますね

それは、ずばり

《ゴールを持つこと》なんです。

 

 

ここでもやっぱりゴールという概念が
大事なんですよ。

 

1年後に好きなことで起業するという
ゴールを立てたとしたら

 

冒頭でもお話した未来側の
自分に立って考えてみます。

 

1年後の好きなことで起業した自分からみて

今の私に出来ることはなんだろう??

例えば、
今興味あることを片っ端から
やってみることかもしれません

起業するための資金を貯めたり

 

興味あることの知識を深めるために勉強したり

 

今から出来ることって色々できますよね???

 

そうして見る視点をゴール側から考えると

 

今やっている仕事自体の
在り方も変わってくると思うのです

今やっている仕事の中で
起業するために役立つことは何だろう??

1年後のゴールとそれを達成するための
小さなゴール

今の務めている会社の中でも
ゴール設定をすると
嫌々やっていた仕事の見方が変わり、

 

日々が活き活きワクワク未来志向に
生まれ変わります。

 

いついかなる時でもゴールを持つと
いうことが大切なんですね。

 

それを踏まえた上で
あなたが今から出来ることって何かありますか?

 

ぜひぜひ、
考えてみてくださいね。

 

『今の仕事やりたくなんです。
ではどうしたらいいんですか??』は

先日のリッチ脳1dayマインドセミナーの
中での受講者さんからの質問でした。

 

ではでは、今日はこの辺で

 

 

誕生日の祝い方〜ブッダガヤ編〜

先日、Aozora school校長の息子が5歳の誕生日を迎えました。

ある程度以上の所得のある家に限られますが、子どものお誕生日は盛大にお祝いします。一方最貧困層家庭に生まれた子どもは「自分の正確な誕生日や年齢が分からない」ということもよくあるので、こんなに小さな村の中でも随分と差があるものだなぁと改めて思います。

子どもの数が多いので、毎週誰かのお誕生日会でおうちに招待されることもしばしば。インド全体ではどうだか分かりませんが、ブッダガヤの誕生日会では大体バターケーキを手でとって食べさせあい、クリームを少し顔につけ、その後部屋に飾られていた風船が手でおもむろに割られていくという流れです。最後の風船割りがこわくて毎回ドキドキ。。

校長の息子のお誕生日会の写真を見ながら、そんなブッダガヤでの生活が恋しくなっています。

後ろに飾ってある風船、この後手で割られたんだろうなぁ。。

 

Eri

コーチングの概念で大切なエフィカシーについて

こんにちは。お久しぶりの投稿になりました。

リッチ脳コーチ竹谷やよいです。

 

大寒に入りましたね。

ここ関西でも急激な冷え込みでインフルエンザや風邪が流行っているようです。

どうぞご自愛くださいね。

 

コーチングとは、そもそもぶっ飛んだゴールを設定することであり、

そのゴールを達成出来るだけの自分なんだと

エフィカシーを高めることがコーチングであると前、前回のブログに記載しました。

 

では、この≪エフィカシー≫について今回は詳しく投稿しますね。

エフィカシーとは、自己能力の自己評価のことです。

自分の能力をどれだけ評価しているかということになります。

そしてもう一つ忘れてならないのが、

自尊心でこれはセルフエスティームといいます。

 

エフィカシーとセルフエスティームをもとに

その人の自己イメージが出来上がります。

 

自己イメージ(セルフイメージ)は自分が自分をどう思っているかです。

 

エフィカシーが自分の能力の自己評価に対して

セルフエスティームは自分が自分自身を認めているか

ちゃんと尊重しているかになります。

 

この2つのセルフイメージが、

仕事の能力や恋愛にも大きく関わってくるのです。

仕事や恋愛ということは、

収入やパートナーシップ全ての人間関係にも関係してきます。

 

お金のこと、仕事のこと、人間関係、

これら全てが変われば、人生そのものが変わると言っても過言では

ありません。

 

それでは、そのセルフイメージはどこからやってくるか

というと、

自分の脳内のお喋りから自分のイメージというのは

創られています。

 

私達は、1日に約6万語 脳内で一人ごとを言っていると

言われています。

 

しかも!!その殆んどがネガティブなことといわれています。

何か失敗した時でも

『あー、やっぱり失敗した!!私ってやっぱり駄目な人間』

『あー出来ない出来ない!!』

『自分にはこんなことできっこない』

 

こんな言葉を一日に6万語も言っているんです。

しかも、恐ろしいのは無意識で思っているってこと。

 

もしあなたに何か達成したいことがあって、

現実的にそれが叶ってないとしたら

無意識でそれをストップさせちゃってるということです。

 

無意識にある思い込みのことを

コーチング用語でビリーフといいます。

 

セルフイメージの一部がビリーフとなり、

夢を叶えるための足かせとなってしまうのですね。

 

それで、そうしたらいいか??は

この思い込みを書き換えればいいのです。

思い込みを書き換えるのには、

言葉を変える!!

 

つまり、セルフトークを変えるのです。

 

セルフトークは無意識で言ってしまっている言葉なので、

意識的に普段使っている言葉を変えていくと

自然にビリーフが書き換えられ、

なりたい自分像に近づきます。

 

そこには、自分の潜在意識に刷り込まれた

ビリーフに気づく必要があります。

 

まずは、叶えたいゴールや夢があるのに

叶ってないことを上げてみてください。

 

 

質問、あなたは自分自身のことをどう思いますか??

未来はどんな自分になりたいですか??

 

 

若さの秘密!? コーチングにおける時間軸とは?

こんにちは。久しぶりの投稿になりました。
リッチ脳コーチ 竹谷 弥生です。

今日は 『コーチングにおける時間軸』について投稿していきたいと思います。

前回 少しお話したコーチングとは、

ゴールを設定すること、そしてそれを達成できるだけの自分なんだ!!という

エフィカシー(自己能力の自己評価)を上げること と記しましたが、

 

“自己能力の自己評価を上げる”つまり自分が自分の能力をどれだけ高いと

思っているかが最も大事で、このエフィカシーが職業も年収もはたまた人間関係

パートナーシップにおいてさえ関係しているといわれています。

 

エフィカシーが高ければ高いほど、

年収も上がりパートナーシップも良好です。

そのことについてはまた次回詳しく書きますね。

 

そして、自分の能力の自己評価って過去からの産物ではないの??

と思いがちなのですが、

 

実は違うのです!!

エフィカシーは過去の実績は全く関係ないのです。

それは今回のテーマにもなっている時間軸の考え方が違うからです。

 

普通 私達は過去から未来に時間が流れていると考えがちですが、

苫米地博士は未来から過去に時間が流れていると仰います。

 

これはどういうことかというと、

未来のなりたい自分だったりゴールした自分側から今の自分を見るのです。

すると、過去がどうだったとか実績がどうだとか関係ないですよね。

そして、『過去は一切関係ない』ともいっています。

 

私達は、どうしても過去の実績や行動から未来の結果を予想してしまいがちです。

例えば、学校はその最たるものですよね。
期末試験や中間テストの結果で『あなたの学力だったらこのくらいの

レベルの学校ですよ』とか

自分の学力よりちょっと高いレベルの学校を希望しようもんなら、

親から『ムリなんじゃないの?』とか言われたり

『先生からそこよりこっちの方が確実』だと言われたり・・・

 

これは全てにおいて過去からのデーターを元に決めているからなんです。

そして、学力だけじゃなく、社会人になってからもこれがつきまとい、

自分は○○な人間だから・・・と言って諦めてしまっている方も多いのでは

ないでしょうか??

悩みの範疇にいる時もそうです。

過去からの自分の思考で解決しようとするから

何度も同じところをグルグルしたり、一見解決したと思っても

また同じことで悩んだりしてしまう

 

こういう時にこそ、未来のなりたい自分を思い浮かべ

全く違う思考で考えることが必要になってきます。

すると抽象度が高くなり、悩みの糸口が違うところから見えたり、

全く今までとは違うものの捉え方が出来たりします。

 

未来側のなりたい自分のマインドが分からないって方は、

なりたい未来の自分像の人を見つけ『この人だったらどうするだろう??』と

真似していくといいといいといわれています。

 

そして、年収においてもそうで、

私は○○円の人間と自分で決めてしまっているのです。

コーチングでは年収さえも自分で決めることが出来ます。

 

そして、未来から今の自分を見れる人は、

未来から過去に時間が流れている人は

見た目的にも若い方が多いです。

『レッツ!!未来志向‼』

 

次回は、自分で年収も決めれる!?エフィカシーを高める方法について

投稿しますね。では、良いお年をお迎えください♪

 

 

 

先生の教育

久しぶりのブログになってしまいました。

Aozora schoolでは今年、全教師が州の規定する授業と試験を受けなければいけなくなったとのことで、先生方が学校の授業の合間を縫って大学に通っています。

しかもそれがちょっと数日通えば良いというものではなく一年ほどかけて何度も試験があるようで、大変だなぁ…と思いつつ自分はここ何年も勉強や試験というものを経験していないので、少しうらやましくもあります。

そんな慌ただしいAozora schoolですが、英語版のWebサイトがオープンしました。

http://www.aozorachildrenschool.org/ContactUs.aspx

よろしければ是非ご覧ください!

ブッダガヤが恋しいEriでした。