2018年 1月 の投稿一覧

写真展のお知らせ

友人の個展が始まりました。
作品を通してインドの社会問題について考えさせられます。Aozora Schoolの子どものストーリーなので、沢山の人にみてもらいたい。
お近くに来られる方、お時間許す方、ぜひ!

〈以下、NPO Aozoraの投稿転記〉
写真家 千賀健史さんが幾度もブッダガヤを訪れ、Aozora schoolの児童養護施設で育てられた子どもの実話を追った個展「Suppressed Voice」が銀座Guardian Gardenで始まっています。

インドの最貧困層家庭に産まれたHarendraは、幼い頃に父親を亡くしました。貧しい家庭だった為母親だけで育てることができず、Aozora Schoolの児童養護施設に預けられ、10年ほど育てられます。
成績優秀なHarendraは、春から大学生になる予定でした。大学まで出れば、貧困のループを断ち切り良い仕事に就くチャンスが手に入るのです。
ですが、学校に行かず働いていたHarendraの兄がそれに嫉妬し、Harendraをすぐに働かせるとAozora Schoolから連れ去ってしまい、突如彼の行方は分からなくなりました。
10年育ててきたAozoraの先生も、兄弟同然に暮らしてきた児童養護施設の子どもたちも、なす術なく途方に暮れる日々。
親戚などに情報を聞き取りながらHarendraの居場所を探し、行き着いた先は…

私たちも、あらためてインドの社会問題について考えさせられました。
そして10年前から弟のように可愛がってきたHarendraが失踪後も元気に過ごしていることに安堵しつつ、彼の写真と現状を見るとやりきれない気持ちになります。

約7年に渡り幾度もブッダガヤを訪れ、Aozora Schoolを深く見てきた千賀さんだからこそできた作品です。
昨年「1_WALL」グランプリを受賞した千賀健史さんの個展、是非足をお運びください。

https://imaonline.jp/news/exhibition/20180112/#img1

 

シェアハウスでメディカルハーブ体験会

こんにちは、ブログ担当のマサヤです。

京都のシェアハウスにお住まいの住人さん主催でメディカルハーブ体験会を行いました。自給自足・畑・DIYをテーマでやっている山科シェアハウスで開催です。

今回はメディカルハーブで万能軟膏を作るとのこと。ハーブ初心者の私はどうやって作るのか見当がつきません。

ハーブに興味はあったけれど、なかなか自分で育てたり、調べたりしていなかったハーブ。良い機会なので勉強です!

そもそも“メディカルハーブ”ってご存知ですか?

続きを読む

大阪市内の”和”なシェアハウス@Re:緑橋

こんにちは、Come on UPシェアハウスの関西エリアを担当しているマサヤです。

お正月も終わり、年末年始に帰省していたシェアメイトたちも、シェアハウスに戻って来てきて、日常生活が戻ってきています。

新年ということもあり、Come on UPのシェアハウスを少しリニューアルしようということで、大阪の緑橋というところにあるシェアハウスにお邪魔してきました。

シェアハウスで作業をしていると、住人さんも帰ってきたので新年会がてら近所のお店にみんなでご飯に行きました。本日は大阪市内で、本町にも地下鉄6分で行けちゃう緑橋シェアハウスを本日はご紹介いたします。

続きを読む

シェアハウスという家族のカタチ

こんにちは、ブログ担当のマサヤです。

大阪の豊中にあるシェアハウスで、年末でもないのですがお餅つきをしました。

普通お餅つきは、年末にする行事なのですが、近くで杵やうすが借りられるという情報を仕入れたので、やってみよう!ということになりました。

ノリで企画したのですが、当日は住人さんや友達、シェアハウスに興味がある見学の人、スタッフのお子さんなど、いろんな人が参加してくださいました。お餅もたらふく食べて大満足な日の餅つき大会レポートです。

国籍も年齢も様々な人が集まったのですが、雰囲気はまるで”家族”のようでした。

続きを読む

猪!鍋!誕生日パーティー@京都伏見シェアハウス

こんにちは!ご無沙汰しております。

伏見シェアハウスのさとです。

伏見シェアハウスは今MAX6人で、男性3名女性3名でわいわい過ごしております。

 

個性的な住人同士も慣れてきて、お互いのキャラクターがわかりつつあるこの頃、冬は誕生日ラッシュでした。

1人の誕生日につき、幹事が1人取り仕切る方式で、担当になった人はバレないようにケーキの好みや好きな食べ物など情報収集をします。笑

“どんなことを喜んでくれるかな~”と相手のことをよく観察して考えるので、これでけっこう仲が深まります。

今回はわたしの番で、シェアメイトがお祝いしてくれました。

続きを読む